日本販売士協会の事業・活動の紹介

 「リテールマーケティング・コンテスト実行委員会」の主催により、2020年11月6日、「リテールマーケティング・コンテスト埼玉県大会」が、オンライン(Zoom)で開催された。
 実施に際し、日本大学商学部教授の岸本徹也氏が実行委員会代表、 埼玉県立浦和商業高等学校校長の内田靖氏が同委員会共同代表を務めた。また、標記大会に関しては、日本大学商学部岸本徹也ゼミナールが企画・運営を担い、一般社団法人日本販売士協会が協賛団体として参画した。
 同大会は、商業科を設置している高等学校におけるマーケティングに関する知識の習得促進および参加者の交流によるコミュニケーション能力の向上が主な目的。競技は、リテールマーケティング(販売士)3級検定レベルの問題を解く、チーム対抗クイズとして実施された。
 当日は、県内の商業科設置校のうち10校から19名の高校生が、オンライン(Zoom)で参加し、相互に別の高校に所属する2名(うち、1チームは3名)でチームを組んだ。
 競技の前半は、「マーチャンダイジング分野」からの出題による「早押しクイズ」で、チームメンバーの1名が交代で参加する形式。後半は、「考えてみよう」と銘打ち、マーケティングに関するケーススタディを用いてチームで話し合って解答する形式。

画像1

画像2
 終了後、1位から3位までの各チームには日本販売士協会の提供による賞品が授与された。
 後日、参加者を対象とするアンケートが行われ、約7割が「とても楽しかった」、約3割が「まあまあ楽しかった」と回答。その理由としては、「クイズを通して楽しみながら知識が得られたこと」や「他校の生徒と交流・協力しながら参加できたこと」などであった。
 本年(2021)年2月12日に今回同様、オンラインでの「関東大会」を予定しており、10月末に埼玉県で開催予定の「全国産業教育フェア」(主催:文部科学省・開催地都道府県教育委員会・産業教育振興中央会・全国産業教育振興会連絡協議会・開催地産業教育振興会)において「全国大会」を実施する方向で検討が進められている。
 実行委員会代表者の岸本氏は、終了後、「今回の経験を踏まえて関東大会に向けて準備を行いたい。来年度は全国大会が実施できる見込みとなっており、非常に楽しみだ。」と話された。
 また、共同代表者の内田氏は、今回の大会について、「アンケート結果から、『知識・技能の習得』『学びに向かう力の涵養』が育まれるきっかけとなったことがわかった。また、『思考力・判断力・表現力の育成』につながる効果があったこともわかった。」と評価された。また、大会を振り返り、「生徒たちは楽しみながら参加することができ、所期の成果も得られ、非常に有意義であった。」との感想をお話しいただいた。